HOME記事カテゴリ > 自己紹介の極意

自己紹介の極意

合コンで決まった儀式はやはり自己紹介ではないでしょうか。

だからと言って最初から飛ばして行くのも嫌われるからと言って自己紹介で悩む人も居ると思います。(参考:合コンでの自己紹介テクニック

特に女性に対して、名前で読んだら良いのか?

その合コンの参加メンバーに年齢にもよるだろうと思うのです。

20代なら「ちゃん」でも良いでしょうけど、40代に向かって「ちゃん」では嫌われてしまうかもしれませんね。

男性の場合、女性から呼ばれることが多いのは、苗字が多いと思います。

中には、名前を呼び捨てする女子もいますが、大半は苗字ではないですか。

そこで、あなたが男性ならどんな風に呼ばれてみたいですか?

やはり多いのは、苗字で呼ぶことになると思います。

これは、男性の場合、家を継いでいることから、名前で呼ばれるよりも苗字で呼ばれる方がしっくりきます。

しかし、女性の場合、嫁に来ると言うところから、名前で呼ばれる習慣がついているのです。

合コンでは、名前で呼ぶほうが女性受けしやすいと言う訳です。

そこで、「ちゃん」と「さん」の使い分けがとても大切になってきます。

「さん」で呼んでしまうと、他人行儀のようになってしまい、女性の方が高くなってしまうので、参加年齢を見ながら「さん」で呼ぶことがないようにしたいものです。

そこで、「ちゃん」が無難なように思います。

しかし、呼び捨ては恋人でも無い人から名前を呼び捨てされる経験が無い女性は、呼び捨てはかなり抵抗があります。

このような意味から、合コンで女性を呼ぶときは、「ちゃん」で呼んでみてください。

「ちゃん」で呼ばれることであなたを合コンマスターと思われ、気になる女性をお持ち帰りできるかもしれません。

なぜなら、合コンに慣れていない人は、恋愛べたの可能性があるので、それよりは楽し男性に興味が湧くからです。


最高の合コンを準備しようは、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。